女医

生活の基盤となる視力を守り抜く|眼科で治療できる白内障や緑内障

早期発見治療が必要です

ハートを持つ看護師

白内障も緑内障も早期発見が一番大切です。定期的に眼科へ受診をして視力、眼圧を定期的に計って貰っておくことが、目の異変を気づくのには一番です。早期発見であれば光を失うことなく点眼薬で治療が可能です。また目の異変を少しでも感じたら眼科への受診をお勧めします。

詳細へ

目との付き合い方を学ぼう

目元

白内障や緑内障は老化が原因で増加するため、国の高齢化に伴って増加傾向にあります。白内障は糖尿病によって発症し、緑内障は近視によって発症します。また、白内障の特徴は水晶体が白く濁り、自覚症状もありますが、緑内障の症状である視野欠損は自覚症状が持ちにくいのです。

詳細へ

徐々に進行する眼の病気

病院

白内障や緑内障といった眼の病気は、徐々に進行し見えづらくなっていきます。早期の眼科受診をして、初期から治療を始めることが大切です。治療内容としては、投薬や点眼、手術療法があります。手術に関しては日帰りで行う病院が増えてきています。

詳細へ

高齢者に多い眼の病気です

医者

視界が霞む病気です

現在、眼の治療技術が進歩して白内障の手術が簡単にできるようになったり、失明する恐れのある緑内障の治療が可能になりました。今後の高齢化した社会生活の中で快活に過ごしていくためには早期の治療が有効です。水晶体は水晶体嚢という透明の膜に囲まれていて、内部の皮質が白濁したり核が固くなることで白内障が発症します。高齢者に多く、80代になると大多数の人が発症します。初期の段階では点眼薬にて進行を遅らせていきますが、進行してくると霞がひどくものが重なって見えたり、眩しく感じることがあります。視力の低下をメガネでも補正できなくなると眼内レンズを挿入することで視力を改善させます。白内障用の眼内レンズにはコントラストが良くなるものや眩しさを軽減させる効果のあるものが開発されています。生活の基盤となる視力を守り抜きましょう。

視野が狭くなる病気です

緑内障は当時失明の危険性があると恐れられていた時代もありましたが、早期発見によりリスク回避できる病気となっています。40代から高齢になるにつれて発症率が高まり、自覚症状のない潜在的な人が多くいます。毛様体で作られた房水は、一定の圧力を保ちながら眼球の形状を保っています。眼圧が上がることで眼球が固くなるとともに、視神経が圧迫されて視野が欠損する症状が現れます。基本的な治療は眼圧を下げる薬物療法を行います。眼圧は年齢や血圧、性別に異なり、上昇していくと緑内障治療のために意識的に自分で眼圧を把握しておく必要があります。房水が繊維柱帯の目詰まりから上手に流れない場合には手術により眼圧を軽減します。白内障も緑内障も今後の視生活を大きく左右する病気です。高齢者特有の病気と放置することなく定期的に眼科を受診しましょう。